ガスの安全な使い方

キッチンでの使い方

  • ガスコンロや小型湯沸器をお使いになるときは必ず換気扇を回すか、窓を開けて換気をしてください。
  • 換気が不十分な状態でご使用を続けると不完全な燃焼となり、同時に有毒な一酸化炭素(CO)が発生し中毒となる恐れがあります。
  • 揚げ物をしているときやグリルを使用しているときは、その場から離れないでください。離れる時は必ず火を消しておくようにしましょう。
  • 小型湯沸器でお風呂への給湯やシャワーとしての使用、洗濯機への使用は、不完全燃焼から一酸化炭素が発生しやすく、大変危険ですのでご使用にはなれません。

浴室でのご使用

    1. 屋外に給湯器や給湯付きふろがまを取り付けられているお客様
      • 浴室の窓の近くに機器がある場合、窓を開けてお風呂やシャワーをご使用していると排気ガスが入ってくる恐れがあります。
      • ご使用中は浴室の窓を閉めてください。
      • 給湯器の周りを何かで囲われている状態で、お風呂やシャワーをご利用になると火災や一酸化炭素が発生する原因となりますので、ご使用を中止してください。
 
  1. 屋内に給湯器や給湯付きふろがまを取り付けられているお客様
    • 排気筒(煙突)が詰まっている状態でご使用になると、一酸化炭素が発生し、大変危険です。日頃よりご注意ください。
    • 大雨、台風、大雪、地震のあとは、排気筒が外れたり壊れたりしていないかご確認ください。
    • 排気筒に鳥の巣ができていないかご確認ください。
    • 給気口がふさがれていないかご確認ください。

お部屋での使い方

  • ガスストーブ、ガスファンヒーターを使用する場合は30分に1回は室内の換気をしてください。
  • 小さなお子様が手を触れないようにご注意ください。
  • 金網ストーブの赤熱面(金網部分)に変形、やぶれなどの異常がある場合は、不完全燃焼を起こす恐れがあります。暖房シーズン前の点検をおすすめします。
  • 不完全燃焼防止装置付ファンヒーターなどへの、お取替えをおすすめします。
  • 最新の機器は転倒時消火装置や立消え安全装置などが備えられています。安全のためにもぜひご検討ください。