よくある質問

都市ガスで使っていたガスコンロは、LPガスでも使えるの?

都市ガス用のコンロはLPガスではお使いになれません。

都市ガスとLPガスではガスの成分が違います。
種類が違うガスをコンロで燃焼させると故障や、大きな事故につながる危険がありますので、
必ずLPガス用のコンロをご利用ください。

また河野ガスでは、有償になりますが都市ガス用のガス器具をLPガスで使えるようにする(ガス種の変更)
修理対応を行っています。
お気軽にご連絡ください。

※ガス器具によっては、ガス種の変更ができない場合があります。

LPガスってガス切れしないの?

河野ガスの「KISS」システムで、ガスボンベの残量を日々見守っています。

ガスボンベと一緒に設置しているガスメーター(マイコンメーターと言います)と、
通信機器を使って定期的にガスの残量を管理・配送の手配をし、ガス切れを防止しています。
(この一連のシステムを、河野ガスではLPガス集中監視システム「KISS」といいます)

LPガス集中監視システム「KISS」には、
ガス漏れ防止のための監視や、消し忘れのご連絡・自動遮断など様々なシステムがあります。
詳しくはLPガス24時間集中監視システム「KISS」をご覧ください。

光熱費の節約ってどうすればいいの?

ガスコンロは、炎を鍋底よりはみ出さないように使ったり、煮物などは大きな鍋で調理するなど
熱の効率を良く使用すると、節約になります。

効率よくお湯にかえる給湯器エコジョーズの使用もおすすめです。

また河野ガスでは、ガスと電気をセットでご使用いただくと両方の料金がお得になるプランをご用意しています。まずはお見積りだけでもお気軽にご連絡ください。

河野ガスの電気サービス「パル君でんき」HP:http://palkun.jp/

ガス器具の買い替え時期ってどのくらい?

機種や使用状況によって異なります。

器具ごとのおおよその目安は次のようになりますので、ご参考にしてください。

【ガス器具の平均寿命・買い替え時期の目安】
・ガスコンロ:7~10年
・ガス給湯器:10年
・ガス炊飯器:7~10年

使用頻度やお手入れによって器具の状態は変わります。
使用していて何かおかしいと感じたら、目安より早くても点検・交換をしてください。

ガス器具を長く使うにはどうすればいいの?

こまめなお手入れと点検を行ってください。

その他に注意する点として、
・ガスコンロは、吹きこぼれしないように使用する
・ガス給湯器は、給湯器に適した風呂釜洗浄剤を使用する
・ガス炊飯器は、内釜のコーティングを傷つけないように扱う
などがあります。

カセットコンロのボンベの処分はどうすればいいの?

発火・暴発防止のため、ボンベのメーカーが分かる場合はメーカーのHPなどをご参考いただくか、
お住まいの自治体の案内に従って処分をしてください。

残っているガスを出し切る時は、周囲に火の気がないか注意してください。(引火を防ぐため)