LPガスとは

LPガスとは

LPガス(LPG)は正式な名称を液化石油ガスといい、「Liquefied(液化された) Petroleum(石油) Gas(ガス)」を縮めたものです。

主な成分はプロパン(C3H8)とブタン(C4H10)で、天然ガス田や油田から産出されるとともに原油を精製する過程でも作られます。通常の温度では気体(ガス)のままですが、圧力をかけるとその名の通り液体となり、体積が250分の1となるため、とても運びやすくなります。

この状態で、LPガス容器(ボンベ)やタンクローリー(ガスバルク配送用)に入れて皆様のご家庭にお運びしています。

LPガスの性質とは

空気よりも重い

LPガス は空気よりも重く、もれると低いところや物陰に溜まる性質があります。 万が一ガスがもれた場合は、特に低いところ風通しを良くしてガスを屋外に追い出しましょう。

ニオイがつけてある

LPガスそのものは無色無臭ですが、万が一ガスがもれたときにすぐ分かるようにタマネギが腐ったようなニオイをつけてあります。

燃焼にはたくさんの空気が必要

LPガスが燃焼するためにはたくさんの空気(酸素) が必要です。室内でガスを使用するときは、十分に換気をしてください。

液化した状態で容器に入っている

LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器 (ボンベ) に入っています。

発熱量が高い

LPガスの熱量は24,000kcal/m3、都市ガスは11,000kcal/m3とLPガスは都市ガスに比べて約2.18倍高く、発熱量はLPガスのほうが優れています。

環境にやさしく、災害に強いLPガス

環境にやさしい

LPガスはCO2の排出量が化石エネルギーの中でも低く、地球温暖化の防止に寄与しています。また、LPガスは大気汚染の原因となるSOx、NOx、SPMをほとんど発生させない極めてクリーンなエネルギーといえます。

  • SOx[硫黄酸化物]:大気汚染、光化学スモッグ、酸性雨の原因となる。
  • NOx[窒素酸化物]:大気汚染、光化学スモッグ、酸性雨の原因となる。
  • SPM[浮遊粒子物質]:人体の呼吸器に影響を与え、健康被害の原因となる。

災害に強い

大きな災害が発生したとき、各種インフラの復旧は最重要課題の一つです。LPガスは各家庭・事業所へ個別に供給している「分散型エネルギー」の強みを生かし、問題が起きた場合も個別に点検を行うことで素早く復旧することが可能です。